チンギスハンのブログ

投資歴40年。2006年に大台突破。リーマン時は1株も売らず追加投資も。昨年3月リタイア。66歳。広島県地方都市在住。一緒に成功しましょう。わかりやすくて面白いブログをめざします。がライフワークです。

スポンサーリンク

インデックスのすごいのは上級者にも評価が高いこと

米国株投資家のみなさまこんにちは、ケン=チンギスハンです。

前回の質問は「あなたはリタイアして3600万を持っている人へのどんな投資提案をしますか?」でした。

私の予想は

投資先は「全世界」または「米国」、投資方法は「インデックス」。と思うのですがいかかでしょうか?そして投資額については半分の1800万あたりを上限にするのではないでしょうか。前回の記事で、投資家は投資へのリテラシーが高まることにより「今までの投資法に不満を持つ」と書きました。しかし例外がありました。

インデックス投資は上級者にも愛されている。

むしろ初心者の方がインデックスには不満を持つかもしれません。「もっと良さそうなのがありそう」と思うからです。経験を重ねるとそんなに「簡単にはいかない」「それなりにリスクがある」ことに気づきます。そして、インデックスに帰ってきます。

スポンサーリンク

 

知識が増えても「インデックスの有利性」をくつがえすことはできない。

他の投資法、例えばグロースがインデックスより優れていると主張することはできます。そして例は「自分だ」といえば説得力があります。しかし、それはその本人の資質、能力、行動力が優秀だということは言えても、万人に通用するわけではないです。だから「グロース投資」の有利性を説くわけではないです。また、デフェンシブ銘柄中心の「高配当株投資」も同じことが言えます。

もっとも後悔しない投資法と言える。

「インデックスは不利」という納得できる説を私は知りません。だからいくら学習や経験が増えても「インデックス投資」を後悔することはないですね。かのバフェットだって奨めているしシーゲル教授だって奨めています。プロも多用していますね。

以上です。それではみなさんのよい投資を!

お願い 下の米国株のところをクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 

 

 

 

スポンサーリンク