チンギスハンのブログ

投資歴40年。2006年に大台突破。リーマン時は1株も売らず追加投資も。年金10万で生活。昨年3月リタイア。66歳。広島県地方都市在住。一緒に成功しましょう。投資とブログがライフワークです。

スポンサーリンク

ブログ名を変更しました。「ケンの米国株投資」です。

米国株投資家のみなさんこんにちは。

顔見せついでにハンドル名も代えることにしました。新ハンドルは自分の名前の「ケン」です。ブログ名は「ケンの米国株ブログ」です。今後ともよろしくお願いします。

 本音で書くシリーズなのでこの際ぶっちゃけて自分のポジションをはっきりさせときますね。

私のポジションは今とても小さいです。どのくらいかというと

今年の春までに従来の投資の75%を利確して(利益は平均で20%ほど)今は投資枠の10%ほどです。あとはキャッシュです。投資の内訳は従来の投資が7%ほど。ハイテクの研究投資が5%ほど。そちらは今年中にたたむ予定です。

「リタイアシニアなのにアマゾンとか買って大丈夫?」とかいただいた「クマどんさん」心配ありがとうございます。全資産はカミさんとの約束で公表できませんが、できる範囲で言うとこんな感じです。リスクは8%を採用しているので、研究投資のリスクは投資枠の0.4%になります。現在の投資状況は従来投資は20%ほどのプラス、研究投資は保有分は若干のマイナス、利確した分を合わせるとプラスという状況です。10月初めに半分利確しました。それ以前にもV、NVDAを利確しています。

 スポンサーリンク

 

 「なーんだそれじゃあ投資家と呼べないんじゃないの、ケンさん?」「臆病者、腰抜け、がっかりだね!」と出川哲郎風に言われそうですね。でも理由があるのです。

私の投資ポリシーは

「イージーな時に勝負する」というものだからです。難しい局面は避ける。

株が上手でない自分が資産を残せたコツは「自分の力以上の場面では勝負しない」「退避して力を貯める」ことをしたからです。だからリーマンを生き残れ、買い増しもしてお金も増やせたのです。リーマンでは私よりはるかにうまい人が何人も退場していきました。彼らに原因はないです。市場が悪すぎたのです。暴落時に儲けるのはプロだけです。ライオンたちと勝負してはいけません。私はシカくらい。

そして今はイージーな時ではなくなりつつあります。金利上昇の終わりの局面だからです。歴史的にリセッションは金利上昇の終了から半年から1年以内に起こっています。というかリセッションしそうだから「打ち止めする」の方が近いか。 FRBが公表している5回の利上げスケジュールの最後が2020年の上半期です。そうすると2020年の後半からはリセッション入りの確率が高いです。株式は半年から1年先行するので2020年は年初からかなりやばい。といえますね。そうすると準備としてはちょうど今頃から取り掛かるのがいいですね。でもFRBの計画通りにいくとは限らず前倒しの可能性も高いですね。目標値なので彼らは高めに設定しますから。

デフェンシブ銘柄、とかインデックスとか抵抗手段はいろいろありますがここでは、大ざっぱに全体で考えます。そうすると一番シンプルなのはヤバい時期には株を持たないことです。2019年の終わりまでには私は全株を処分の予定です。といって大してないのですがね。

 

ということで当面は「暴落準備投資家」ということでよろしくお願いします。

それではみなさんの良い投資を!「ケンの米国株」をよろしくです。

お願い 下の米国株のところをクリックしてランキングに戻っていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 

スポンサーリンク