チンギスハンのブログ。シニアが米国株に投資

シニアが米国株に投資。地方に住む60代です。今年3月にリタイアしました。年金が10万円と少ないので、米国株で補います。勉強がすべてだと聞きました。一緒に勉強していければうれしいです。よろしくお願いします。

政治リスクに過敏になるのは損だ。ロシアゲートの最悪のシナリオは?

米国株投資家の皆さまこんにちは。米国株永久投資を目指すチンギスハンです。
                      2017年5月19日(金)
昨日は米国株もリバウンドしましたね。私は、狙っていた、BAボーイングをやっと買うことができました。買値は177.1ドルです。

f:id:tingisuhan:20170519183938p:plain

 チャートをみれば、「もっと早くに安い時期に買えただろう。」と言われそうです。確かに160ドルくらいで買っててもよさそうです。自分の判断力・実行力のなさを感じます。現在の指標は 
株価177.4ドル 予想PE17.1予想配当3.2%EPS8.16ドル配当5.68ドル配当性向69%
指標的にはまだ割高ではありません。さらに下げれば、あるいはこの値段でも買い増しを狙っています。ところでSBI証券で買ったのですが、成行(Market Price)がないので買うのに苦労しました。1日チャートでは

f:id:tingisuhan:20170519185028p:plain 
開場して、がーと下がり、175ドル台になりました。「このまま下げるのかな」と思っていたら、急に上昇に転じました。急いで、指値を入れますが、約定しません。度たび値段を変更して追いかけて、10分ほどしてやっと追いつきました。もちろん売値よりもかなり高めを指値すればいいのでしょうが、「根がケチなので、0.1ドルくらい高めを入れてはいたのですが、うまくいきませんでした。SBI証券さん成行を導入してください。お願いします。シニアは若い方みたいに手早く動けないので。

 さて、今後の動向ですが、ロシアゲートが問題になっています。
昨日の記事の続きになりますが、ロシアゲートは、経済のリスクよりも根は浅いと見ています。理由は他の記事でも見かけましたが、

最悪のケースが、むしろ今より良くなる。
という事実です。今考えられる最悪の場合はトランプ大統領の弾劾訴追そして罷免です。規定では、その場合副大統領のペンスさんが昇格するそうです。
<マイク・ペンス概略>
1 57歳・・・若いです。
2 地元・・・インディアナ州
3 経歴  インディアナ州立大ロースクールから弁護士
  下院議員2回落選→下院議員6回当選→インディアナ州知事1期→副大統領
4 ルーツ
 祖父はアイルランド移民、カトリック、
5 政治的位置。共和党保守派、ティーパーティーとも関係あり、保守派人脈に受けがいい、議会関係にも受けがいい、下院議長のライアンとも友人、同性愛などに反対
(感想)結論からいうと、トランプよりはかなりましだと思えます。
1アイルランド系で大統領はケネディ、レーガン、・・・何十人もいますから大丈夫。
2 共和党保守ですが、議会も共和党が多数派なので問題ないでしょう。
 むしろ、トランプが共和党内では異端でしたから、議会は歓迎でしょう。「おらが村の大統領」という感じでしょうか。
3 経歴も、落選もあり、下院議員が長いです。州知事もしており、統治経験もあります。少なくともトランプよりは万人に分かりやすいでしょう。奇抜な行動もしないと思います。
4 野党の民主党は、政治理念は合わないでしょうが、人間的にはトランプよりはやりやすいと感じるでしょう。
5 多数党の共和党主流派と協力して、野党の民主党とも折り合いをつけながら進めるのは、議会民主主義のイメージがします。強烈なリーダーシップは発揮しないかも知れないけれど、今の米国には合っているように思えます。
 個人的には、大統領候補だった、ヒラリーやサンダースと比べても議会との関係は良好だろうし、前大統領のオバマよりも夢を追わないだけに、実効性が高いと感じます。そして現大統領のトランプよりも、総合的に見るとずいぶんましに見えます。

 減税や公共事業や規制緩和は、規模は多少小さくなるでしょうが、そのぶん着実に実行される可能性が高まります。産業界にとっても不満はないでしょう。
だから、本当のリスクは、大統領の罷免されることではなく、それまでごたごたが長く続くことです。

<結論>
1 ロシアゲートに過敏になる必要は全くない。
2 政治リスクで市場が下げたときは「絶好の買場」の可能性が高い。
 思い起こせば、昨年の英国のEU離脱は、絶好の仕込み場でした。また、トランプ当選も、この上げ相場の起点でした。どちらも政治リスクを考えると「買えない」という人も多くいました。今回も、政治リスクに目を向けすぎると買えなくなる可能性が高いと感じます。
3 これから、いろんな段階を経て、市場は上下することが予想されます。下げたところは着実に仕入れたいです。問題はいつ大幅に下げるかですが、「政治がらみ」は予想が難しいので、下げたところをこまめに拾っていくしか方法はないように思います。

以上です。みなさまのよい投資を!

お願い 下の米国株のところをクリックしてランキングサイトにお戻りいただければランキングの点数が上がるのでうれしいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサードリンク