チンギスハンのブログ

投資歴40年。2006年に大台突破。リーマン時は1株も売らず追加投資も。昨年3月リタイア。66歳。広島県地方都市在住。一緒に成功しましょう。わかりやすくて面白いブログをめざします。がライフワークです。

スポンサーリンク

決算で急落のNVDAは持ち続けて大丈夫か?

米国株投資家の皆さま今晩はチンギスハンです。

実は昨夜大変な急落が起こりました。NVDAが決算を受けて急落したのです164.43ドルー18.76%。決算の詳細については他の方の分析記事があると思うのでここでは省略です。簡単には急成長してきたが来年度は成長が見込めないということです。GEのように大幅赤字とか将来性が厳しいとかの話ではありません。しかし期待感が大きかった分、売られ方も激しいです。いくら将来性がある優良銘柄でもこんなことが起こるのだという実例を見た気がします。さらに私はこの8月まで200万ほど保有しており、とても人ごととは思えません。コメントを頂きました。

スタッフー さんより
初めて投稿致します。肩の力が抜けたブログに感服致しております。小生、48歳で会社を辞め家業をついだ者です。現在、59歳9ヶ月です。リーマンで大損して数年前から米株を始め、やっと元が取れたなあと思っていた矢先に今回の調整ですが、一点ご意見を伺いたく投稿しました。エヌビディアを100$で1千万買って、一時は3千万まで増えましたが、今回の暴落で1.6千万になりました。売却して他の投資に回してもうまくいくかわからず(手数料等も馬鹿にならないし)、まだ利益が出ているのと将来に期待が持てる株であることを信じて塩漬けして見ようかと思っています。どう思われますか?アドバイスいただけると幸いです。

スポンサーリンク

 

(ご返事)
コメントありがとうございます。さてさて度胸がありますね。小心者の自分としてはぜひ分けていただきたいものです。ご相談内容についてですが結論から言うと私は適切なアドバイスはできません。投資方針や当初の目的、方針やお考えもわからないのと自分の能力を超えてもいます。ただこれだけの急落ですからお気持ちはよくわかります。今まで自分が勉強してきた方法をいくつかご紹介してそれが何かのヒントになればと思います。まず前提として
(1)当面の株価の動きは私には全く想像がつきません。

f:id:tingisuhan:20181117213539p:plain

今回のハイテク株の中でも、規模が大きい割には下落が激しいです。決算の内容が一部予想されるか、漏れていたのかもしれませんね。アマゾンもそうでした。GSは目標株価を280→200にして「買い推奨」は維持していましたね。

(2)将来性はある会社だと思います。ただし期間の取り方でどうにでも解釈できます。市場は基本的に直近の将来が優先ですね。それにしても株価100ドルで1千万の買いとは買い時と投資額は申し分ないです。最高です。

スポンサーリンク

 
方法1 全部残す方法。
書かれているように当初の目的が長期投資なら保有で問題ないと思います。私にはとてもできない方法です。個人の資質によりますね。ただし、今後50%の利益水準で売るのか、40%か、20%かとかを決めておく必要があると思います。そうでないと元を切ってあわてて売ることになりますから。
方法2 精神的に楽になり成長性も手放さない方法。
これは私が中国株で教わった方法です。まず1千万分を売って元手を取り戻します「損はない」状態になります。残りはじっくり楽な気分で長期に保有できます。会社が将来性があり長期的には上昇が期待できる時に有効な方法です。
 
方法3 全部売る方法
私が「研究投資」をするにあたって勉強した「ウイリアムオニール」や「マークミネルビニ」は「小さくて急成長」な銘柄を対象とする面もあってピークを打ったと判断したら早めに利確することを奨めていますね。それは短期間に何倍にもなった株はまた短期間で何分の一にもなるという経験からきているのでしょう。NVDAもこの2年で60ドルから280ドルくらいになっていますから、急成長した株と言えます。規模は大きめですが。

f:id:tingisuhan:20181117215004p:plain

株価には「成長期待」が含まれていて、今回それが剥がれ落ちたと考えると「利確」する理由にはなりそうです。2年弱で60%強の投資益というのは素晴らしい成績です。

方法4 半分売る

とりあえず半分売ってポジションを減らして負担を減らします。この場合利確なので精神的には楽です。残りの半分は様子をみて判断します。

以上です。取り急ぎ記事にしました。雑な面はお許しください。

筆者後日注:スタッフーさんよりメールいただきました。決断されたのことです。方法2で行かれるそうです。方針が決まって良かったです。

お願い 下の看板をクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサーリンク