チンギスハンのブログ

投資歴40年。2006年に大台突破。リーマン時は1株も売らず追加投資も。昨年3月リタイア。66歳。広島県地方都市在住。一緒に成功しましょう。わかりやすくて面白いブログをめざします。がライフワークです。

スポンサーリンク

顔出しして本音ブログ宣言、昨日のお詫び

米国株投資家のみなさんおはようございます。チンギスハンです。

昨日は車で2時間ちょっとの山に(比婆山)1250m紅葉を見に行ってきました。

間に合わないかな?と心配したのですがちょうど見ごろでした。

f:id:tingisuhan:20181102075557j:plain

去年も来てますが、素晴らしい景色でした。信州とかの原色の魅力にはかないませんが、とにかく近い、安いが一番です。

ちょうど足の爪が巻き爪で、痛くて今秋は山にイケてなかったんです。トレッキングシューズが痛くて。2サイズ大きいスニーカーで来ました。(30センチです。普段は28センチ、まさにバカの大足)。一応足元はスパッツで隠しましたが。見栄で。こんなにきれいなのに、そしてメインロードなのに、出会ったのはおじさん一人、追い越されたのが、きれいな山レディ1人、猛烈な勢いで歩いていました。カッコいい!平日は地方の山はこんなもんです。過疎化。

スポンサーリンク

   

<昨日の記事の削除のお詫び>

山から帰りに温泉に入ったので、眠くて稚拙な記事でした。なので削除。内容は

「中間選挙で上昇必至!?、バフェットも推奨の〇〇〇を買いました」というものです。内容は簡単には

中間選挙のイベント通過で、上昇するだろう。選挙結果は民主の上下院独占の可能性はほぼない。それ以外はどのケースでも上昇。という私の見方です。特に、下院は民主が勝った方がトランプの暴走が止められて長期的にはプラスと考えます。

 

買ったのは火曜のオープニングです。VOO(バンガードS&P500ETF)を買いました。昨日も上がって、復調が明白になりつつあるのですが、月曜の下落で、火曜の時点では「ギャンブル」の要素もありました。こういうのを記事にするのはいかがなものかと迷ってたわけです。考えた末に出した結論は。

 

正々堂々と顔出しして、「本音で書こう」というものです。

今日からアイコンを自分の写真にしています。先週とったものです。「ああこんなやつが書いているのか」と思ってもらえればと思います。今まではちょっと遠慮してた部分もあったけど、これで正々堂々と本音勝負というわけです。その理由は

(1)本音でないと伝わらない。と思うからです。

(2)イヤな人は見ない権利がある。

私のブログで不快な思いをされるとしたら、見なければいいだけです。投資方法の違いなどで、「もうブログなんか書くな」とかの指摘もされてきましたが、強制的に放送しているわけではないので、見ないことは可能です。単に素人の投資ブログですから。

(3)個人投資家は強くならなければいけないと思うから。

これが一番大きいですね。歴史的に個人投資家はずっと「やられ続けてきました」。過去には過大な手数料で。私が中国株に参入した2001年ごろは、為替手数料だけで2%くらいでした。売買手数料も加えると片道5%弱。しかも売ると強制的に一旦日本円に戻されました。とても効率が悪かったのです。今の手数料は夢のようです。

今でも形は違うけどあります。AIなどを使ったさらに高度なのが。一例では、米国では禁止されましたが「高速売買です」。板が表示される0.0何秒か前に知ることができたそうです。典型的な後だしじゃんけんですね。

さらに「空売り」「株価操作」もあります。違法でないのもありますし。日本市場は特にひどいと感じますね。新興市場とか。よくマネー雑誌の成功エピソードに「小さい株の方が値動きが軽くて手っ取り早い、十倍とか行きました」というのが載ってますけど、逆もあるわけで十分の一とかにもなりますね。やられている人の方が圧倒的でしょう。プロ集団のやり放題ですからね。

(4)結局はリテラシーを高めるしかない。

身を守るためには結局自分の力を高めるしか方法はないです。よく「〇〇法」で儲かる。なんてありますが「そんなものはない」というのが私の結論です。そんな永久機関みたいなのがあればだれでもやるでしょう。

一時期はうまくいったとしてもどこかでつまずく可能性は高いですね。暴落時とか。

(5)他の人の意見を受け入れるのは難しい。

特に投資では、そしてうまくいっていれば「他人の投資法はバカに見える」のです。だから違うカテゴリーの方の投資は見向きもしません。ソースは自分です。これを思い込みといいますね。そして失敗して始めて気づくのです。

だから「一つの意見として読んでみるか」と思ってもらえればありがたいです。逆に不快に感じられるようなら、そしてその原因が「投資法の違い」なら読まない方がいいと思います。溝は埋まらないからです。

(6)一緒に勉強していきましょう。私もがんばります。

今はちょっと難しい時期に差し掛かっていますけど、2、3年のうちに絶好のチャンスが来ると思っています。その時点までに「しっかり行動できる」ようにしておきたいというのが私の目標です。

(7)ご意見もどしどしくださいですが・・・

指摘しあってこその進歩です。しかし、投資法の違いを指摘されるのは困ります。中傷もです。「じじいがエラそうに株なんかするな」とか言われても。また「だまって高配当株再投資が一番だ。お前のは間違っている」というたぐいもありますが、やり方は自己責任で自由です。そう思えばそうされればいいので、否定されてもご返事しようがありません。

 

以上言いたい放題を言いました。これからも引き続きよろしくお願いします。m(__)m

それでは一緒に頑張りましょう!いい投資を!

お願い 下の米国株のところをクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク