チンギスハンのブログ。シニアが米国株に投資

年金月10万のリタイアシニアが米国株に投資。地方に住む60代です。今年3月にリタイアしました。年金が少ないので米国株で補います。勉強がすべてだと聞きました。一緒に勉強していければうれしいです。よろしくお願いします。

米国株投資家に適した仮想通貨投資法は?

米国株投資家の皆さんこんにちは、チンギスハンです。

2017年12月11日(月)記

今日はジムに行きそのあと毎月行っている、皮膚科に行ったらなんだかんだでこの時間になってしまいました。

リタイアして時間は無限にあるとはいうものの、病院の混雑を見ると、「この中には、忙しくて時間をやりくりしてきている人もいっぱいいるだろうな」と年寄が割り込んでいて申し訳ない気持ちになります。

もう少しフレキシブルにして、薬だけもらえる回があってもいいと思うのですが。

高齢者のせいで医療制度が崩壊の危機にあると言われます。医師も看護師も過重労働を強いられているという記事を目にすると、「制度で解決できる部分も多いのではないか」と感じます。

舌鋒鋭い、民族系の論客もなぜか医師会には弱いようです。本当に日本のことを考え、日本を強くするためには「聖域」があってはならないと思うのですが。

年よりはいい加減でいいとか後回しでいいとかまではいわないけれど、子供たちや、そのお母さんや、現役で忙しく働いている人たちが、待ち時間とかの負担なく体のケアができるような制度が必要だと思います。

自分の場合は足の水虫ですが、検査とかのない時は薬だけもらって、「異常を感じた時や、診察を受けたいときに」診察を受けるようにすれば、若い方の邪魔をしなくて済むと願っているのですが。

別件が長くなりました。本題です。

米国株投資家は仮想通貨投資への心理的ハードルが高い。

日本株からの方が抵抗が少ないようです。何しろあれだけ上下する市場で慣れていますから。

よりよい市場を求めて、米国株をされている方々は「もうあんなに上下する市場はたくさんだ」と思っていらっしゃるでしょうから、仮想通貨には抵抗があります。自分もそうです。

何しろ上下が激しいです。時価総額で60%を占めるビットコインで一日で20%くらいの上下は普通です。今190万円ほどです。

昨日仮想通貨での投資の仕方の4通りを書きました。簡単に再掲すると

1 買ってじっと保有。

2 売買で稼ぐ。

3 取引所の価格の違いを利用して稼ぐ。アービトラージ。

4 クラウドマイニング。

株式投資での合格基準は

株式投資では、配当で年間3%ほどが基準になります。値上がりでは、今年などは素晴らしく値上がりしていますが、まあ、年20%も上げれば十分と言えます。

しかし、仮想通貨では1日に20%ほども上昇するので勝手が違います。

ここで割り切って仮想通貨に鞍替えする選択もあります。しかし、

仮想通貨投資では安定は得られない。

と感じています。何億に増やしても数分の一にもなる可能性があるのでは安心はできません。

理想を言えば「仮想通貨で増やすだけ増やして米国株に乗り換え」です。シンガポールならOKです。でも日本では、最高55%もの税金が必要です。(そもそも増やせる人ばかりではない)

売買やFXの問題点

シカゴで先物取引が始まりましたが、証拠金率は35%だそうです。倍率では2.6倍です。1日に20%も動くとなると、35%というのは妥当な水準に見えます。

日本ではFXでは15倍とかの取引もありますから、リスクが広すぎることになります。(実際強制ロスカットでやられる人も多いらしい)

株式投資家の好みに合うのは「買ってガチホ」or「クラウドマイニング」

したがって、米国株式投資家の選択は、仮想通貨を売買するとしたら、(首を突っ込まないという選択は賢明です)次の2つが有力です。

1 買ってガチホ作戦

 ここまでビットコインが値上がりしてくると(時価総額も20兆円を超えた)ビットコインを買うのはかなりの勇気が要ります。今買っても大丈夫とは思いますが。

今の状況は、ビットコインが1強で、他は爆上がりするコインもあるが、おおむね対ビットコインでは値下がり中です。

アルトコイン(ビットコイン以外のコイン)は、今はさえませんが将来の値上がりが期待できるものも多いです。残念ながらそれがいつかは予想がつかないのですが。

私が狙っているのは、イーサ(ETH)とネム(NEM)です。

イーサはICOの中心コインでしたが、ICOが下火になる(中国は禁止)につれて今は放置状態です。しかし、時価総額第二位で、(大差ですが)しかもプラットフォームは魅力的です。発行上限が決まっていないことが、財産価値としてビットコインに見劣りしています。

来年には実用段階に移行の予定です。今5万円前後ですが、来年10倍になっても驚きません。(予想は全く当てにしないでください)ビットコインにやられている今が仕込み時と考えています。(といっても大した額ではないが)

マイニング方法も今の電力大量消費型から、電力を使わない方式への移行が決まっています。(時期は未定、保有量に応じて新しいコインをもらえる方式へ移行)

NEMは日本人を中心に保有されているコインです。25円ほどでしたが、今回開発チームが「ウイーチャットペイ、テンセント」向けのアプリを開発したというニュースで70円を超え、今は40円ほどです。もう少し様子を見て落ち着くのを待ちたいです。

注意 テンセントと提携したわけではない。非公式アプリです。

2 クラウドマイニング

マイニングをしている会社にお金を払って代わりにマイニングをしたコインを受け取る投資です。

マイニングは、通貨の相場も不安定でそんなに率のいいビジネスではないそうです。

安定性を得るために、投資家に権利を販売し、マシン購入の費用に充てるクラウドマイニングの会社も多くあります。

何しろ、受け取るコインの相場が動きまくりますから、投資家として採算の計算は容易ではありません。太陽光と似ていますが、不確実性は比較になりません。

残念ながら主だった会社の有利なプランは現在すべて売り切れ中になっています。私が知らないだけであるかもしれませんが。

今度売り出される時には、今までのプランとは大幅に値上がりしているでしょう。ビットコインが50万円くらいの時に企画され、売り出し時も90万円くらいでしたから。

前回は不勉強で投資できませんでした。(残念!)今度売り出される時は投資をするつもりです。(条件悪化は覚悟しています)しっかり勉強しておこうと思います。

クラウドマイニングについては機会があればまた記事にしたいと思います。

米国株は今晩に引き続き注目です。NVDAはどうなりますか?

以上です。みなさまのよい投資を!

お願い 下のブログ村のところをクリックしてランキングに戻っていただければランキングの点数があがるのでうれしいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサードリンク