チンギスハンのブログ。シニアが米国株に投資

年金月10万のリタイアシニアが米国株に投資。地方に住む60代です。今年3月にリタイアしました。年金が少ないので米国株で補います。勉強がすべてだと聞きました。一緒に勉強していければうれしいです。よろしくお願いします。

土日祝で米国市場がお休みの時は、24時間フルタイムの仮想通貨がある。

投資家の皆さまこんにちは、チンギスハンです。

2017年11月23日(木、勤労感謝の日)記

忙しく働いている方々に感謝します。リタイアしたたった9か月前の感覚が思い出せません。ボケ防止もブログを書く目的の一つです。

ところで米国株は夏時間が終わり、取引開始が11時半とかなり深夜になってしまいました。起きているのが結構大変です。 

その点仮想通貨のいいところは24時間いつでも取引できることです。土日祝日もできますから、相場に触っていたい人にはいいかもしれません。

仮想通貨の大きな流れ。シカゴ市場への12月の先物上場。

仮想通貨については、時期尚早として保留していた、CME(シカゴ取引所)が手のひらを返して、12月にビットコインの先物を上場するということが大きな転機になったように感じます。

始めはビットコインだけでしょうが、2位のイーサは確実でしょうし、3位のビットコインキャッシュ、4位のリップル、あとライトコインくらいまでは有力です。

今まではビットコインが上がれば、他のコインが食われて下がるという循環だったのが、今は全部が上昇しています。市場にお金が流入し始めているのでしょう。

最大手のCMEが参入したことで他の市場も上場を急いでいるようです。競争となれば遅れるわけにはいかないのでしょう。先物市場が大きくなれば現在の大きなボラティリティーも改善します。アービトラージで稼いでいる人は差が減って困るかも。

ETFができると格段に投資しやすくなる。一番のメリットは税金面。

ETFも検討されています。ブラックロックとかの大所が組成を検討しているとの情報もあり期待感に拍車をかけています。

ETFの破壊力は先物以上でしょう。先物に参入するのはトレード志向の人でしょうが、ETFとなると、安定志向の人や機関も参入しやすくなります。

NY市場などに上場されると、現在日本では非常に厄介な税金問題が解決します。一律20%ほどの税金になればメリットは図りしれません。(もちろん東京市場にも作ってほしいが)こちらも競争となれば一気に複数ができるかもしれません。

大手金融機関も参入を準備中。

ゴールドマンやJPMなどの大手金融機関もアドバイス業務などの詰めに入っているそうです。まあ、金余りでニーズがある以上、いくらJPMのダイモン氏が詐欺呼ばわりしても、下部はしっかり準備に動いているということでしょう。(JPMはMSと並んで現在大手では先行しているそうです。JPMが仮想通貨業務のメインプレイヤーになれば、皮肉としか言いようがありません。ダイモン氏の方がしないしない詐欺かも)

来年は300万円の予想もあるが

ビットコインが8千ドルを突破して、将来も楽観ムードです。来年の値上がりについても、250万円とかの予想が早くも出ています。(いろいろあります)

ちなみに昨年の予想は、「来年中には3千ドルになるぞ」「いくらなんでもそんなには」というものだったそうです。

今年の初め100万円投資した人は、今は1千万円になっているわけですから、期待は膨らむわけです。

「予想通りいかないのが仮想通貨だ」という経験者の指摘もある。

予想どおりでなかった例は

(1)8月のビットコインキャッシュの分裂で、価値が激減する。→値上がりした。

(2)10月25日のビットコインゴールドの分裂では、だれもそんなくそコインは欲しがらないだろう。・・・付与を期待して値上がりした。

(3)11月15日のB2Xの分岐では、本家争いで大変なことが起こる。・・・分岐は回避され上昇が続いた。

と情報通ほど当たらないという結果になっています。

むしろ単純に「へー、新コインがもらえるんだ、うれしい、じゃあ買おう」と無邪気に行動した人が利益を得ました。

もともと分岐して新通貨が誕生してどちらの価値も上昇しているということ自体、常識外です。株式ではあり得ません。

注意を促すブロガーもいる。

総楽観ムードに対して、警告するブロガーもいます。

「期待して参入しても予想通り値上がりしないかもよ」という注意です。

「知れば知るほど闇が深い」のかも知れません。

勉強や注意は必要だが、単純さも必要だと感じる。

しかしもともと実体がないのですから、石橋をたたこうにも、たたく石橋自体がありません。どんなに用心してもリスクを避けるのは難しいと感じます。

全財産をかけたり借金して参入するのは問題だと思いますが、(若い人なら全財産投入はありかも)一定限度までなら「リスクを取るのも人生」と考えます。

予想通りにはいかないでしょうが、そんなものを相手にするのも面白いと思います。昔は存在がなかった分野ですから。

上下動が大きいことが特色だったのにここ数日は高値安定している。

現在値から3%、4%・・・と指値して網を張って寝ているのですが刺さりません。仕方がないので、現在値で少し買いました。まあ買いたいものは株に限らずいつも高いです。じっくり取り組むつもりです。

米国株に対する見方も少しずつ変わってきている。

と感じています。それぞれの良さがあるからです。

仮想通貨取引をご検討中の方は、まずコインチェックの口座開設をお勧めします。(一つでなくいくつか口座はあった方がいいと思う)①取り扱い通貨が多い②100万円の保険あり③手続きが早い。下記をご利用ください。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin 

 ◇用意するもの。①免許証(表裏)かマイナンバーカード(表だけ)の写真。②それを持っている自分自身の写真。です。スマホで撮ってアップロードします。

仮想通貨の現在値や変化を見るにもコインチェックのスマホ版サイトが便利です。

以上です。米国株ではBND(債券ETF)を売ってVGT(ハイテクETF)を買う予定です。明日か来週末かです。

皆様のよい投資を!

お願い 下の米国株のところをクリックしてランキングに戻っていただければランキングの点数が上がるのでうれしいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサードリンク