チンギスハンのブログ。シニアが米国株に投資

年金月10万のリタイアシニアが米国株に投資。去年3月にリタイアした地方住み66歳です。将来への備えとして米国株に投資しています。勉強がすべてだと聞きました。一緒に勉強していければうれしいです。よろしくお願いします。

北の脅迫に屈する韓国の不可解。韓国には投資しずらい。

投資家の皆さまこんにちは、米国株投資家、ブロガーのチンギスハンです。

2017年11月8日(水)記

トランプ氏が予想を覆して大統領に当選して1年になります。

当選当時はだれもが、株価下落を予想し恐れおののきました。これだけの上昇をするとはだれも予想しなかったです。

ヒラリーがなっていたとしても今以上の上昇はなかったと思います。そう思うとむちゃな選択と思われましたが、結果的には良かったのかもしれません。

今日は最近の気づいたことを書きました。

韓国の大統領の方針は全く理解できない。

今トランプ大統領が韓国訪問中です。文大統領は、今までも不可解でしたが、さらに不可解さが増したようです。

韓国の取るべき行動は一つしかない

現在米国の軍事力を中心に北に圧力をかけている真っ最中です。韓国は北と向かい合って現在でも戦争状態にあります。

北が、ミサイル開発と核開発を進め着々と実戦配備に向けて準備中です。

この行為は戦争の準備と受け取るのが自然です。

未然に防ぐためには、軍事行動も一つの有力な手段です。

しかし、米国軍の軍事行動によってソウルを中心に25万人の被害が予想されています。

確かに難しい立場にいます。しかし韓国の取る立場は一つしかないです。

それは「脅しには屈しない」と毅然とした立場をとることです。これは「テロには屈しない」という国際認識と合致しています。北は果たしてテロ国家か?という疑問はありますが、軍事的に脅すのは共通です。

韓国の同意なしには米国は軍事行動を起こしてはならない。は北を利していないか?

しかし、文大統領は被害を理由に米国の軍事行動を制限しようとしています。北の脅しに屈しました。全く理解できません。理解できないのは国民も同じです。

「戦争反対のデモ」が起きています。その原因をつくっているのは北だという認識が全くありません。まさに北の思うつぼです。韓国は北の属国になり果てたのでしょうか。

さらに北のミサイルに備えるミサイル防衛システムを中国の横やりによりこれ以上装備しないそうです。もうわけがわかりません。

中国には隷従し、北には舐められ、そのくせ日本にだけはかみつきまくる。そんな大統領と国民とは、私は反韓・反中のネトウヨではありませんが、普通に考えて理解の範疇を越えています。

米国も困り果てているでしょう。

日本のテレビも、北を利するコメンテーターがいる。

数日前、朝の「羽鳥慎吾のモーニングショー」を見ていたら、「被害が大きいので、米国の軍事行動は絶対に止めさせなければならない」と、玉川というテレビ朝日の社員がコメントしていました。これもまた「北の走狗」と思える発言です。

被害の大きさを名目にして、同盟国の米国の軍事行動を制限するのは利敵行為です。こういう輩が堂々とテレビに登場している日本もあまり韓国を笑えないかもしれません。

東京に核ミサイルが飛んできたときにはこのコメンテーターはどうやって、東京の人命を守ってくれるのでしょう?今回予想される人員のゆうに100倍の被害があります。日本は壊滅するでしょう。「まさか」が起こりうるのは歴史が証明しています。

こういう国とは距離を置いた方がいい。

理解できない行動をとる人たちとは距離を置くのが賢明だと思います。彼らを必要以上に非難するのはやめた方がいいです。ここまで違うのですから言い争っても得るものはありません。他から見たら、近隣同士の「悪口の言い合い」と思われますから。観光で日本に来られる方には当然親切に接するべきと思います。こんなことで日本人の品格を失ってはいけないと思います。

半導体関連の会社を検討しました。サムスンは外しました。

米国・・・NVDA 212.03ドルPER69 有力

日本・・・ディスコ6146 27450円PER30 半導体の切削装置 有力

韓国・・・サムスン電子 ?

台湾・・・TSM42.51ドルPER19.15配当2.75% NYでADR。有力

TSMを買いました。

どれも有力でしたが、韓国は政治要因が不安定なので除きました。NVDAはご存知の通りです。ディスコは友人から聞いた銘柄です。県内に工場があります。10月から20%も上昇しています。200万円以上必要なのでためらいました。

長期的に保有が可能と判断してTSMを買いました。配当も悪くないです。今後も買い増す予定です。

以上です。東アジアの問題は政治の問題ではありますが私たちに影響も大きいので記事にしました。

みなさまのよい投資を!

お願い 下の米国株のところをクリックしてランキングにお戻りいただけるとランキングの点数が上がるのでうれしいです。よろしくお願いします。

 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク