チンギスハンのブログ

投資歴40年。2006年に大台突破。リーマン時は1株も売らず追加投資も。年金10万で生活。昨年3月リタイア。66歳。広島県地方都市在住。一緒に成功しましょう。投資とブログがライフワークです。

スポンサーリンク

株式投資はやはり投資の王道だ。仮想通貨と比べての優位性。

投資家のみなさまこんにちは。米国株投資家のチンギスハンです。

2017年10月23日(月)記  ドル円113.5円。

予想通り与党の圧勝になりました。日経平均も200円以上上昇中です。日経新聞で専門家が「日経平均20500円~22000円」とあり、えっ、どこまで弱気なのと感じました

希望は勘違いで失敗しましたね。党をつくっていきなり「政権をとる」とかどこまで国民をばかにしてるんだと思ってましたが、国民もばかではなかったですね。コツコツやると言えばもう少し支持も得られたと思います。でもこれからでも遅くないと思います。

私も分をわきまえようと心しました。

シニアにも関わらず、「暗号通貨」を研究して投資していますが、やればやるほど「株式投資の優位性」を実感します。検討していらっしゃる人のもおられるでしょうからまとめました。

株式投資の優位性、仮想通貨と比べて

1 根拠がある。

 株式投資は企業の業績にリンクしています。したがって、資本主義経済が拡大することによるリターンを得られます。全額を投資することもできます。

 暗号通貨には、価値の根拠がないので、多額の投資はできません。自分は5%ほどの投資を予定しています。

2 いつでも現金化できる。配当収入がある。

 企業は収益を、配当や自社株買いで投資家に還元します。投資家は配当を受け取ることもできるし再投資もできます。売却しても、20%ほどの税で済みます。

 暗号通貨は、現金化すると税金の問題があります。収入に応じての課税ですから、いろいろ響きます。

3 長期投資に向いている。

 特に米国株は長期にわたって上昇してきました。今後も続くでしょう。長期投資も問題ありません。たとえ高値で買っても長期保有で報われます。

 暗号通貨は、むしろ短期投資に向いていると感じます。値動きが株式より激しいこと、全体としては上昇基調だからです。長期投資は、投資通貨が生き残る保証がありません。自分は長期で行くつもりですが、取引に自信があり税金面がクリアできれば短期投資もあっています。結局会社設立が一番簡単に思えます。法人税率は、所得税率より低いです。決算の手間はかかりますが。

4 環境が整備されていること。

株式投資には長い歴史があり、法整備も進んでいます。一番は税金面が優遇されていることです。特定口座では税金の計算すら不要です。株式では「当たり前」と思われていることが暗号通貨ではまだなのです。

法整備は暗号通貨では日本は先進国。ちゃんと法律的にも認められていますし、取引所の認可もしました。金融庁は今回は手早く動いたと思います。

5 取引所がまだ発展途上である。

ここ一か所でOKというところがありません。販売所では割高になります。これからどんどん充実と言った段階と思います。参考までに各取引所の長短を簡単に書きます

1 ビットフライヤー (口座あります)下記のバナーは広告です。

大手資本が入っており安心感は一番。ビットコインは取引高多し。レバレッジ取引もあり。(15倍)イーサもビットコインから手数料安く買える。100万円までの保険もあり。サービス安定。処理速し。

不満な点、販売所でアルトコインを買うと手数料が高い。(売値と買値の幅が大きいという意味です。金取引と同じ) 

アルトコインの取り扱いが少ない。5通貨と少ない。

慎重な展開です。これから少しずつ充実するでしょう。口座開設は下をご利用ください

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2 コインチェック(口座あります)

ビットコインの取引高多し。信用取引もあり。5倍。取り扱いコイン13種と多し。

使いやすい。100万円までの保証あり。不満な点 アルトコインを販売所で買うと3%ほど割高になる。(タイミングによる)サービス良し、早し。開設必須です。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

3 Zaifザイフ(口座あります)

手数料が安い。ビットコイン、イーサ、ネム、モナ、ビットコインキャッシュが取引で指値で購入できる。とにかく安く売買したい人向け。ビットコインは信用取引もあり。ビットコイン取引の板は上記2社より少ない。ガンガンやらない人には関係ない。

不満な点。手続きなど遅し。住所確認に1週間かかった。土日祝日は事務対応なし。他は2日だった。

リスクと感じる点 テックビューロという大阪の会社が運営しているが、この会社自体もICOを行い、Zaifというトークンを発行している。現在コムサというICOにも関係あり。取引所以外の事業は、うまくいかない可能性もありリスクと感じる。

しかし現在は一番使っている取引所です。口座開設は下記をご利用ください。

6 セキュリティーが大変

 証券会社から株式を取られることは考えられません。しかし、暗号通貨は侵入されてしまうと簡単に抜き取られます。二重認証は必須です。上記保証も二重認証設定でないと受けられない。スマホをなくすと大変です。取引所で対応してくれるそうですが。

安全な保有としてはコールドウォレットを利用するそうです。でもその置き場所やパスワードの管理の問題もあります。

 私は、そんなに多額でもないので買ったあとはコインチェックの貸コインサービスを利用しようと思っています。3か月定期で年3%のコインが増えます。会社倒産のリスクはありますが、心配してもキリがないので増える方がいいかなと思っています。

まとめ

「隣の芝生は青く見える」とはよく言ったものです。株式投資の優位性を改めて確認しました。

でも暗号通貨投資は予定通り5%ほどはしていくつもりです。皆様におススメできるかどうかは微妙ですが、勉強になることは確かです。暇人の自分にはぴったりです。

暗号通貨の動向は、現在は、ビットコイン上昇その他下落です。暗号通貨内で資金が移動している感じです。今年アルトコインの上昇が大きく反面、ビットコインは6倍ほどなので、調整が起きていると思っています。

暴騰、暴落のイメージがありますが、少しずつ安定しているように思います。下落しても半値くらいで収まるかなと予想しています。

初心者なのでイベントは避けると、今はイーサとリップルになります。イーサは11月初旬に会議があります。イベントが多いです。リップルは安く仕入れたいです。

以上です。何かの参考になれば幸いです。本業の株式もタイミングを見て買うつもりです。皆様のよい投資を!

お願い 下の米国株のところをクリックしてランキングにお戻りいただけるとランキングの点数が上がるのでうれしいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 

スポンサーリンク