チンギスハンのブログ。シニアが米国株に投資

シニアが米国株に投資。地方に住む60代です。今年3月にリタイアしました。年金が10万円と少ないので、米国株で補います。勉強がすべてだと聞きました。一緒に勉強していければうれしいです。よろしくお願いします。

現在の自分の立場でベストを尽くすしかない。過去の自分や他人は関係ない。

米国株投資家の皆さまこんにちは。米国株永久投資を目指すチンギスハンです。
 2017年7月28日(金)記
 昨日四半期決算をレポートしたFBフェイスブックをとりあえず少し買いました。173.4ドルです。終値は170.44ドルとなっています。決算発表明けのタイミングで買いました。

f:id:tingisuhan:20170728200238p:plain

 週間チャートを見ると出来高も急増し、値動きも大きいです。もう少し待って、市場が決算を織り込んで落ち着いてから買う方がいいのかもしれません。今後の研究課題です。今日の値動きに注目したいです。悪いサプライズは下げが大きいですが、グッドなサプライズは反応の幅が大きくないように感じます。今回のFBも予想を17%上回る純益71%を達成しているのですが。あわてる必要はないのでしょう。

 根拠のない予想には気をつけよう
 米国株は夏にもかかわらず最高値圏にあります。そして、今年の初めから言われ続けている魔法の言葉があります。はい。「米国株は下げるぞ~」根拠は、リーマン以降8年間もずっと上げ続けてきた、そろそろ限界だろう。確率論で言われる、「これまで10回偶数の目が出続けている、次はそろそろ奇数が出るはずだ。」と似ています。合理的な皆さんはこれが科学的でないことはご存知でしょう。次回に出る目の確率は、偶数、奇数各50%です。それを奇数が出たからと言って、「あの人は未来を見通す力がある、天才だ」と思うのはばかげています。しかし、「米国株下げるぞ~~、怖いぞ~」が根拠がなくても説得力を持つのは訳があります。解明されています。人間はかつて、自身が獲物になる弱い立場に長い間いたため、不安を感じやすく設計されているそうです。だから、不安を感じさせる、予想の方がより説得力を持つというわけです。もちろん根拠のある記事は大切にしなければなりません。

気楽な立場の人もいる。
 日本では投資しているのは少数派です。そのほとんどは自国の日本に投資しており(難しい市場なのに)、米国株というのはそのまた少数派です。そんな小さな集団にも立場の違いはあります。先見の明があってずいぶん前から投資している人は、大きな資産を持ち、またその含み益は膨大です。現在の株価の何分の一かの時に買った人からすれば、現在の米国株は異常に高く感じられます。現在1000ドルを越えているアマゾンを100ドルで買った人もいます。そんな余裕のある人から見れば、過去の平均を超えたPEの現在の米国株は割高に映ります。自分は無理に買う必要はありませんから「高すぎるよ。今に下落がくるよ」とアドバイスしたくなるのは理解できます。

「米国株が高すぎる。危険な領域だ」というのは今年の1月からずっと言われている。
 投資家以外の専門家からも今年に入って言われ続けてきました。素直な方はそれを受けて、投資をストップしたり、ごく少額に控えてきました。(私にも若干当てはまります)結果は、みなさんご存知の通りです。大切な投資機会をなくしてしまいました。チャンスを逃したのです。誰が悪いというわけではありません。

発言する立場によって、意味合いが変わる。
 余裕のある投資家も、専門家も悪意があったわけではありません。むしろ親切心で忠告しているわけです。それに、その忠告が当たって役立った可能性もありました。私のように投資をする必要がある投資家はどうすればよかったのでしょう。それは、情報を「自分の立場」に翻訳する必要があったのです。

今の自分に役立たない情報は要らない。
 成功した投資家の体験談を読んでいると、「いやー、実際自分は運が良かったと思いますよ。友人の勧めで買った株が時期が良くて大当たりして憶の財産ができました」なんていうのが多いです。特に日本株に。でもこれでは全く役に立ちません。なぜなら、再現性が全くないからです。今そのような株を探すこともできないし、そのような絶好なタイミングでもないからです。過去にはさかのぼれません。自慢話をいくら聞いても何の役にも立ちません。年よりの自慢話と同列です。
 私たちに必要な情報は、現在の自分に役立つ情報です。「もっと前に買っとけばよかったんだよ」とかいう話は全く無駄です。「なら、今なら何を買えばいい?」と聞くと、「今はもうだめだね、昔はそれにしても良かったよ」とか聞く価値もありません。投資家にはそれぞれの立場があります。そして、自分の利害を代表しているのは自分しかありません。

立場が変わると投資のスタイルも変わる。
 経済誌の投資アンケートにありましたが、資産によって投資スタイルは違うそうです。おおむね5億以上の資産の方は、積極的に増やそうとはせずに、「減らさないこと」を優先するそうです。その下の階層の方は、「利子、配当」を重視するそうです。3億米国株で3%の配当なら手取り年630万円ですか、確かに魅力的です。元本はそのまま増えていますから。
 これから資産を形成しようとする人たちは、配当には目もくれずにひたすら値上がり重視です。「値上がり命」の投資スタイルの方は「配当命」の投資スタイルは異質に感じるでしょう。人間は常に自分を中心として考えますから。でも自分の投資スタイルと違う人のブログにも貴重な情報はたくさんあります。大切なのは、「自分ファースト」の立場で、自分に役立ついろんな情報を取り込むことだと考えます。

過去の自分はやっかい。
自分の先入観や経験が足を引っ張ることも多いです。(根拠は自分です)

高い米国株を買うために自分を励ます目的で書きました。不適切な表現があればお許しください。それでは皆様のよい投資を!

お願い 下の米国株のところをクリックしてランキングに戻っていただければランキングの点数が上がるのでうれしいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサードリンク