チンギスハンのブログ。米国株、永久投資。

米国株永久投資を目指すチンギスハンです。地方に住む60代です。今年3月にリタイアしました。年金が10万円と少ないので、米国株の配当で補います。勉強がすべてだと聞きました。一緒に勉強していければうれしいです。よろしくお願いします。

今回の下落は買いか?

米国株投資家の皆さまこんにちは。米国株永久投資を目指すチンギスハンです。
                      2017年5月18日(木)
 さて、NYは突然の大幅下落でした。S&Pでー1.8%ほど下げています。2357となっています。(これからS&Pに慣れようと思います)
 トランプ大統領のロシア疑惑により、今後の政権運営が難しくなったとの理由だそうです。最悪罷免もあるそうです。下はS&P500の2年チャート

f:id:tingisuhan:20170518213714p:plain

 ズバリ今回の下落は買いか?
というテーマで考えていきたいと思います。下落の理由は、
①大統領の提唱する法人税15%の実現が不透明になった。
②大統領が示した、公共事業が不透明になった。
③etc・・・
ということです。しかし、①はもともと、大統領の減税案がそのまま実現すると思っている人はいなかったでしょうから、そう落胆する必要はないでしょう。共和党案の25%でも十分ですし、そちらの方が実現性も高いです。それにもともと民主党が政権時に提案していたことでもあります。この辺が落としどころとみんなが思っていたでしょうから、問題ないでしょう。
②ももともと財源もなく、「ぶち上げた」だけですから、そんなにショックな話ではありません。
③長期金利が急低下した。
 米国経済はそう強いわけではなかったです。経済指標もまちまちですし、6月の利上げはさすがにするでしょうが、9月の利上げはあやしいと見ています。12月の資産縮小の着手もあやしいです。どちらか、あるいは両方が延期される可能性が高いです。金融機関はGSの5%をはじめ昨日はべた下がりでした。しかし、これは今まで、先食いして生きた分の揺り戻しという面が大きいと思います。
 つまり取り立てて、マイナスな事項はないのです。ではなぜこんなに下げたか?

昨日までの楽観が異常だった。
1Qの決算発表はまだのところも若干ありますが、総合すると14%程度の上昇のようです。それもあって昨日までは楽観ムード一色でした。VIX指数も低かったそうです。だから今回のショックが響いたのでしょう。さらに言えばきっかけは何でも良かったかもしれません。

今後の見通し
 政治の面で今後の捜査や流れがどう動くのかを予想するのは難しいです。しかし、経済面で見れば、影響は限定的です。第一にFRBは大統領の意を汲んで政策を実行してこなかったこと。むしろトランプは利上げにも反対でした。FRBのイエレンさんがトランプの影響を恐れて、急いでいた面があります。だからトランプの力が弱くなって困ることは一つもありません。
 公共事業や、減税は、綿密な計画もなく「ぶち上げただけ」という面が強かったですから、過度に期待していた人には、ショックかも知れないけれどまあ、そんなもんかなという話です。
 つまり現実にマイナスはありません。今までの過度な期待のふわふわした部分が、吹き飛んだということです。したがって下落も限定的と見ます。(筆者の見かたです)

底での買いは難しい。
 政治がらみの話なので、底を探るのは難しいです。実際の経済面に限れば、1Qの決算も良かったですが、これにはトランプのこれからの政策の部分は入っていません。実際の真水の部分です。これが14%増ということは、下がってもトランプ以前の水準に戻るわけではありません。
 選挙の時に下がりましたが、それ以前の8月くらいを見ると2180位です。それと比べると、昨日の2357というのは8%の上昇です。14%のepsの上昇を考えると、昨年の夏より今が高いとはいえません。
 しかし相場は常にオーバーシュートしますから、まだ下落することは考えられます。どこで下げ止まるかの予想ですが、私の愛読のバフェット太郎氏は2240~2280位と根拠も示して予想されていました。
 私の予想ですが、まず、トランプが当選した時にはショックで下げました。2100位です。この線まで下げるというのは、無理があると思います。というのは、この水準自体が、下にオーバーシュートした数字だからです。そうするとその前の2180にEPS増加分を加味すると、2300が境目になると考えます。もちろん相場のことですし、政治がらみですから、予想は難しいですが、先週までのことを考えると、そのくらいで買っても十分買い得です。

今年後半、今よりいい買場があるかどうか?
可能性はあります。しかし、企業に稼ぐ力がついてきていますから、去年の安値を期待するのは無理があります。市場は常に過度な期待をします。今回はそれがはがれたわけですが、本質の部分は何ら変わっていない。つまり、「買いたいものは買う。」という今までの姿勢でいいと思っています。

狙いは、今まで上げるばかりでなかなか買えなかったBAボーイングとか買いたいです。

 本を出す話は私の力量がまだまだ足りないと感じて、とりあえず「STAY」してもらいました。指摘されたこともよくわかりましたし、これからの課題もわかったので、さらに勉強を続けるだけです。この原稿の下書きも、今まで通り書いていきます。
 今日の記事も、書いている途中で、毎日読んでいる「バフェット太郎氏」の記事を読みました。その内容の差はとても大きいと感じています。しかし、私なりに一歩一歩勉強するだけだと言い聞かせています。今後もよろしくお願いします。

それではみなさまのよい投資を!

お願い 下の米国株のところをクリックして、ランキングに戻っていただければ点数があがるのでうれしいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサードリンク